先輩社員紹介

true

施設生活支援課

桑原雄二(32歳)

出身:埼玉福祉専門学校  社会福祉学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    ご利用者の苦手なところのお手伝い

    ご利用者の残存機能(今残っている力・できること)はご自身で行なっていただき、上手くできない部分や苦手なところを支援して行く仕事だと思っています。苦手なところと一口に言ってもその内容はその人それぞれに違いがあり、一般的に「介護」というイメージのある食事やトイレ介助の他にも、洗濯物や掃除が上手くできない、他の人とのコミュニケーションが上手くとれない、上手く気持ちを伝えることができないなど、様々です。
    上手くできなかったことをどのようにしたら少しでも自分でできるようになるかをご利用者の方と相談しながら挑戦して行き、上手くいった時にはご利用者にも自信に繋がり、職員もやりがいを感じるところでもあります。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    華やかでも無く、目立たないかもしれないが必要とされている

    仕事の中で定期的に研修に参加させていただくことがあります。いくつか参加させていただいた研修の中で、今の仕事が必要とされていると実感した内容のものがありました。身体障害で上手く体が動かない中、うつ病も患うことがあり、とても苦しい思いをされて来た方からのお話しでした。「自分でできることや決められることはやりたい!でもどうしても他の人の協力がないと生活ができない。そのために福祉職に従事する方や施設、サービスがどうしても必要なんです!」といった内容のお話しをいただきました。他にも在宅生活をされている障害を持つ子供をお持ちのご家族の方が施設を短い期間利用される際に、「(一時的に)見てもらえてありがたい」と話して下さることもありました。この「必要とされている」と感じれた時に嬉しさややりがいを感じます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    のどかな場所にあること

    職場見学に来ていた当時は割りと都会の方に済んでいました。個人的には自然の多いのどかな場所が好きであり、職場のある環境がざわざわした場所ではなく、のんびりと散歩もできる場所であり、選んだポイントでした

これまでのキャリア三年制の専門学校を出てから、今の職場で現在までお世話になっております。
現在は主任として業務に携わっております。

先輩からの就職活動アドバイス!

私自身、極度に緊張するタイプで面接などでは話ができない方でした。今考えると「上手く答えなくちゃ」という焦りなどもあったのではないかと思います。
 緊張はすると思いますが、し過ぎて本領が発揮できないのはもったいないので、程よい緊張とリラックスした気持ちで面接に望み、上手く話しができなくても自身の内にある気持ちを伝えられるといいではないかと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 生活の支援をする仕事

    true

    施設生活支援課

    日俣春乃(23歳)
    十文字学園女子大学  人間生活学部 人間福祉学科 卒
  • 利用者様の日々の支援

    true

    施設生活支援課

    本澤彩子(23歳)
    江戸川大学総合福祉専門学校  社会福祉科 卒
  • 生活支援員

    true

    施設生活支援課

    小林玲那(22歳)
    文京学院大学  人間学部人間福祉学科 卒
  • 障害のある方の生活をサポートする仕事

    true

    施設生活支援課

    山口香奈(23歳)
    東京福祉大学  社会福祉学部 卒
  • 笑顔いっぱい生活支援員

    true

    施設生活支援課

    内藤 楓(23歳)
    東京福祉大学  社会福祉学部 社会福祉学科 卒
  • 利用者様の生活支援

    true

    生活支援員

    佐伯祐輔(30歳)
    平成国際大学  法学部 法ビジネス学科 卒
連絡先:
〒340-0141
埼玉県幸手市平野920番地
社会福祉法人 平野の里
新卒採用チーム 杉村  健
TEL:0480-48-1271
E-mail:sugiken9@gmail.com
URL:http://www.shienshisetsuayame.jp/